胡蝶蘭が製品になるまで

植物学的に言う胡蝶蘭とは


和名:胡蝶蘭(こちょうらん)
科名:らん科
属名:ファレノプシス(Phalaenopsis)
原産地:主に東南アジア



コチョウランの種子は1さや数十万という単位で入っています
それをフラスコの中にまき無菌状態で約1年ほど培養します。

その間移植を3-4回程度繰り返し1フラスコあたりの苗の数は
最終的に30-40本になります。フラスコは普通500mlの物を
使用します。写真は約1年後の大きさで、いよいよフラスコか
ら出され外の世界の厳しい環境にさらされます。

フラスコから丁寧に出し3-4号鉢に数本まとめて水苔で寄せ植
えします。寄せ植え後少し日射を弱めに管理し馴らした後3-6ヶ月
栽培し両方の葉の長さの合計が10cm以上になるのを
待ちます。


寄せ植え鉢で約半年育成した後に2号-2.5号鉢に1苗ずつ
植えます。その時鉢の直径の倍ぐらい葉幅があれば適当な
大きさです。植え付け後普通半年ぐらい育成します。


2号鉢に植え付けた物は2.5号鉢に植え付けるという中間段階
がありますが、2.5号鉢に植えられた物は半年から10ケ月育成
しリーフスパン(葉幅)が23cm以上にになるのを待ちます。
リレー栽培をする場合、普通ここまでの大きさにするのが
第一段階の生産者の仕事です。
合計12-15ケ月かかります。


第一段階の生産者から引き取られた苗は3.5号または4号鉢に
植えられた株は7〜8ケ月間、最低温度25度c、最高温度30度c
以上で管理し、花芽の発生を抑制しながら栽培します。

写真の株はまもなく、開花室に移され開花を待つばかりと
なります。リーフスパン30cm以上、葉の枚数6−7枚以上、
下葉が落ちてなく健康で根が鉢の中に充分回っている物が
良い株です。


開花室に搬入後約1月後花芽が出現し、右のように花芽が
伸長するまでに2-3月月ほど要します。
あと1〜2ケ月で出荷可能となります。

開花室は1年中最低気温18度、最高25度に管理しなければ
なりませんので冬は暖房、夏は冷房とエネルギーを非常に
多く使います。


見事に開花、左のように寄せ植えされて出荷します。
3本立ちという寄せ植え形態が一番多いのですが左の写真は
5本立ちという物でより豪華な商品です。

フラスコから出して合計2〜2.5年かかってこのようになり
出荷可能となります。